睡眠時無呼吸症候群

  • HOME
  • 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群には、「中枢型」と「末梢型」の2種類があります。中枢型は、呼吸中枢の機能異常により、寝ているときに呼吸が止まる病気です。末梢型は、末梢型は肥満による圧迫や加齢による機能異常により、睡眠中に喉が閉塞することで無呼吸になり、睡眠が不十分になる病気です。

夜寝ている間、呼吸が止まる度に睡眠が途切れることで日中に強い眠気などが起こります。さらに無呼吸により低酸素の状態になることで、不整脈、心臓死のリスクも高まります。

診察の対象となる方は、強いいびき、睡眠中に時々呼吸がとまる(いびきが止まる)、起床時に頭痛がある、熟睡感がない、日中の眠気(知らないうちに眠る)といった症状のある方です。気になる症状があれば一度ご相談ください。

検査方法

いびきや睡眠中の無呼吸は突然死の原因ともなり得る病気ですが、早期の検査と治療により改善が期待できます。日本呼吸器学会認定・呼吸器専門医とスタッフが検査と治療を担当します。

1.一般診察(随時)
睡眠時無呼吸症候群は、副鼻腔炎(蓄膿症)や心臓疾患、あるいは高血圧などの生活習慣病の合併が多いので、まず内科的診察により隠れた病気の有無を検討します。

2.一般関連検査(随時)
血液尿検査、心電図、胸部X線撮影を行い、合併症の評価をします。さらに、呼吸機能検査や副鼻腔X線撮影により気道閉塞の程度を評価します。

3.簡易型終夜睡眠ポリグラフ検査(随時)
第一段階の検査として簡易型の検査機器を用いてご自宅で検査をします。

4.終夜睡眠ポリグラフ検査(要予約)
夜間8時間以上にわたり脳波、筋電図、気流、いびき用マイクロフォン、胸部腹部バンド、酸素飽和度などのセンサーを装着して、いびきと無呼吸の程度を測定します。静かな防音個室(セミダブルベッド)で行いますので、ゆっくり眠るだけのことです。検査データはリアルタイムでパソコンに自動記録されます。検査を中断してトイレに立つことも可能です。

治療方法

症状が軽い場合は基本的にマウスピースを使用します。重症の場合はCPAPを使用します。高齢になるほど喉の機能異常は改善が難しいため、CPAPで継続して治療することが必要になります。

重度の肥満の方は、減量することで症状が改善されるケースもありますが、やせ形で喉の機能異常があり睡眠時無呼吸症候群の方は、突然死や居眠り運転を防ぐためにも、治療を続けることが重要です。

二次予防

生活習慣の改善に努め、肥満、アルコール、喫煙など睡眠時無呼吸症候群の危険因子を無くすことです。

「お酒を飲んだときにいびきが悪化する」というタイプの方は、睡眠時無呼吸症候群との関連が深いとされていますので、自覚症状があれば気兼ねなくご相談ください。